トップページ >  > 育毛剤と育毛シャンプーについて

育毛剤と育毛シャンプーについて

育毛シャンプーの効果はフケ、痒みの防止、頭皮を健やかに保つ事です。汚れを優しく落としながら、頭皮環境を整えます。アミノ酸洗浄成分で優しく頭皮を洗い、育毛を阻害する要因を抑制します。

育毛剤には血行促進、毛母細胞活性化、皮脂や炎症の抑制などの働きがあります。抜け毛を予防する作用のある育毛シャンプーと違い、毛母細胞を活性化して育毛を促進するのが育毛剤の役割です。

女性の薄毛の原因は年齢による女性ホルモンの減少、ストレスなどによる血行不良です。女性ホルモンに関しては40代以降は急激に分泌が減少します。女性ホルモンは卵巣を元気にすることが重要です。適度な運動で血流を良くすること、大豆に含まれるイソフラボン、キャベツに含まれるボロンなどを摂ることがおすすめです。以下に育毛剤の働きについて解説します。



●血行促進
血流改善作用はほとんどの育毛剤にあります。ストレスや喫煙、運動不足などによって血流は悪くなってきます。血流が悪いと栄養分が毛乳頭までしっかり届きません。その結果、髪の毛の成長力が落ちて抜けやすくなります。血流改善成分はニンジンエキス、センブリエキス、ミノキシジルなどがあります。

●毛母細胞活性化
髪の毛は毛母細胞の分裂活動によって作られます。髪の毛にコシがない方や細毛の方は毛母細胞活性化作用のある育毛剤がおすすめです。毛母細胞活性化作用のある成分にはCTP(サイトプリン)、パンテノール、アデノシン、t-フラバノンなどがあります。

●頭皮環境改善
フケやかゆみ、皮脂の過剰分泌、炎症などにより毛穴は詰まりやすくなります。その結果、脂漏症皮膚炎になり、髪の毛の成長力が落ちてしまいます。アミノ酸洗浄成分を配合した育毛シャンプーで頭皮を優しく洗い、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2kや保湿作用のある柑橘エキスなどを配合した育毛剤を使用することをおすすめします。頭皮環境が改善し、抜け毛の予防に効果的です。

育毛シャンプーの効果はフケ、痒みの防止、頭皮を健やかに保つ事です。汚れを優しく落としながら、頭皮環...