トップページ >  > 頭皮の痒み対策

頭皮の痒み対策

頭皮の痒みの原因は様々ですが、痒みを引き起こすのは炎症です。炎症によって真皮の細胞内に存在するヒスタミンが放出されます。このヒスタミンが神経を刺激し、痒みを引き起こします。ここでは痒みの発生を抑えるための方法について紹介します。



●刺激の弱いシャンプーを使用する
痒みの原因はヒスタミンの発生です。ヒスタミンの発生を抑えるには、頭皮の乾燥を予防する事が重要です。洗浄力が強すぎるシャンプーは、乾燥を悪化させてしまいます。そこで、アミノ酸洗浄成分を配合したシャンプーを使用します。アミノ酸は必要以上に皮脂を摂り過ぎず、乾燥を防止します。また、皮脂による細菌の発生にはピロクトンオラミン、ミコナゾール硝酸塩などの殺菌成分の入ったシャンプーが有効です。

●ビタミンB郡を摂る
皮膚炎の原因となる過剰な皮脂にはビタミンB郡が有効です。ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は脂質、ビタミンB6はタンパク質の代謝を促進します。糖質や脂質は皮脂となり、炎症や肌荒れの原因になるので、ビタミンB1を含んだ豚肉、にんにく、玄米、ビタミンB2を含んだレバー、うなぎ、納豆などを積極的に摂る事をおすすめします。

●オメガ3(DHA,EPAなど)を意識的に摂る
青魚に含まれる不飽和脂肪酸、亜麻仁油やえごま油に含まれるαリノレン酸はオメガ3と呼ばれます。サラダ油、コーン油、大豆油、紅花油などはオメガ6脂肪酸と呼ばれます。オメガ6脂肪酸ばかり摂ると、炎症を引き起こします。オメガ6脂肪酸の摂り過ぎを控え、オメガ3を摂る事が頭皮ケアにもおすすめです。

●生活習慣の改善
肌荒れ、痒みの原因のひとつにストレスがあります。ストレスはホルモンバランスの乱れや活性酸素の原因となります。ホルモンバランスが乱れると皮脂が増え、活性酸素によって酸化すると毛穴が詰まりやすくなります。ストレス解消にはしっかりとした睡眠や休息が大切です。

頭皮の痒みの原因は様々ですが、痒みを引き起こすのは炎症です。炎症によって真皮の細胞内に存在するヒス...