トップページ >  > 喫煙と薄毛の関係

喫煙と薄毛の関係

タバコによって抜け毛が増長されたり、薄毛になるとよく言いますが、実際どんな関係があってそうなるのでしょうか?タバコが頭皮に与える影響について紹介します。



・タバコに含まれる物質
タバコには様々な有害物質が含まれています。 60種類以上の発がん性物質が含まれ、様々なリスクのある嗜好品であると言えます。 発がん性物質が髪の毛に影響を与えるということはありませんが、タバコに含まれるニコチンなどの物質は血管、自律神経に影響を与えることが分かっています。

そんなニコチンは自律神経を乱すので、体を興奮状態や覚醒した状態にしてしまいます。 すると汗、皮脂が分泌されるので、毛穴詰まりが起きる原因となります。その結果、フケ、痒みなどが起こり、頭皮環境も悪くなってきます。

・血流低下、ホルモンにも影響
またニコチンによる影響で、体内のめぐりが悪くなり、血流が滞ることになります。 タバコ1本で体温が2度下がるとも言われているほどなので、血流の悪さはニコチンの仕業といってもよいでしょう。

めぐりが悪くなると頭皮に血液がめぐらなくなります。生存に必要な内臓に優先的に栄養が届くようになっており、髪の毛には栄養が届くのが最後になってしまうのです。 そのため、血行不良になると、頭皮に栄養が不足して髪の毛の成長力が低下します。

タバコは1日分のビタミンCを一気に破壊します。 ビタミンCが足りなくなると体全体が不調になりますから、タバコを吸う場合、ビタミンCをたくさん摂取する事が必要です。できれば、禁煙を考えるのが理想的です。 髪の毛そを作っているたんぱく質が頭皮に届かなくなると、髪の毛が生えてこないという最悪な状態になりますから、それを避けるためにも栄養をしっかりとって、タバコはやめる、それが薄毛対策です。

また、タバコにはホルモンにも影響を与えます。ニコチンには男性ホルモンを女性ホルモンに変えるアロマターゼと呼ばれる酵素を阻害する作用があり、女性ホルモンの生産が減ってしまいます。女性ホルモンには毛根の活性化、血流改善、乾燥防止などの作用があり、薄毛対策には欠かせません。薄毛が気になる場合は、タバコのデメリットは非常に大きくなります。

タバコによって抜け毛が増長されたり、薄毛になるとよく言いますが、実際どんな関係があってそうなるので...