トップページ >  > 更年期の育毛対策

更年期の育毛対策



更年期になると女性ホルモンの分泌は急激に減ります。女性ホルモンが減少すると血行不良をはじめ、細胞代謝の低下、皮脂量の減少、骨密度の低下などの影響を受けます。髪の毛を作り出す毛母細胞の働きが低下し、抜け毛や細毛も増加します。ここでは更年期の育毛対策について紹介します。

●大豆、ザクロなどの栄養素
女性ホルモン対策で最も摂りたいのが大豆です。大豆んは女性ホルモンに似た作用のあるイソフラボンが豊富に含まれています。その他にも、血流改善をサポートするサポニン、大豆たんぱく、腸内細菌のエサになるオリゴ糖などが含まれています。ザクロには女性ホルモン様成分「エストロン」をはじめ、ビタミンC、ビタミンB2,エラグ酸、アントシアニンなどが含まれています。

ヨーグルトには腸内細菌を活性化する働きがあります。腸内細菌にはイソフラボンの吸収を促進する作用があり、ホルモンバランスの改善をサポートします。乳酸菌には善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境を改善し、免疫力の改善作用や便秘改善の働きもします。

●アミノ酸シャンプーを使用
女性ホルモンの減少は皮脂の減少も引き起こします。その結果、頭皮や肌は乾燥しやすくなります。頭皮が乾燥すると外部刺激が入り込み、炎症やカユミを引き起こします。頭皮環境が乱れると毛髪の成長力が低下し、抜け毛や細い毛が増加します。皮脂の減少による乾燥対策にはアミノ酸配合の女性シャンプーがおすすめです。皮脂を取り過ぎる事なく頭皮を優しく洗浄し、髪の毛や頭皮に潤いを残します。石油系合成界面活性剤や石鹸洗浄成分は皮脂を取り過ぎるため、できるだけ避けることをおすすめします。

●育毛剤を使用する
更年期になると髪の毛の量や太さは減少します。加齢の影響もあるため、少しずつ減少するのを止めることはできません。ただ、黙って何もしないとそのまま毛髪の成長力は低下してしまいます。そこで使用したいのが育毛剤です。育毛剤には血流改善作用のある成分をはじめ、細胞活性化作用や頭皮環境の改善作用のある育毛ケア成分が含まれています。医薬品であるリアップレジェンヌをはじめ、マイナチュレやベルタ育毛剤などが人気です。

●生活習慣の改善
女性ホルモンは卵巣で作られます。そのため、血液を卵巣にしっかり送ることが大切です。適度な有酸素運動は血流改善をサポートします。週に2?3回は近くを歩く事を習慣にするのがおすすめです。運動出来ない場合はストレッチなども有効です。運動によってセロトニンと呼ばれるホルモンが分泌し、女性ホルモン力を改善します。

更年期になると女性ホルモンの分泌は急激に減ります。女性ホルモンが減少すると血行不良をはじめ、細胞...