トップページ >  > ミノキシジルの効果、副作用

ミノキシジルの効果、副作用

女性の薄毛の原因の多くは加齢による女性ホルモンの減少、代謝の低下です。女性ホルモンや代謝が低下すると、細胞の分裂活動が低下し、毛髪の成長力は低下します。

薄毛の改善にはシャンプーによる頭皮環境の改善に加え、血流改善による毛根の活性化が重要です。血液に含まれる栄養や酸素が毛乳頭細胞に届くと、成長因子が生成され、毛髪は成長します。そこで使用したいのがミノキシジルです。



●ミノキシジルの効果
ミノキシジルには血管を拡張する効果があります。元々は降圧剤として、血圧を下げる薬として使われていました。しかし、ミノキシジルを使用することで、多毛症の副作用が多く見られたため、外用薬の育毛剤として開発されるようになりました。

血管を拡張することで、血流量は増えます。その結果、毛乳頭細胞が活性化し、アデノシンと呼ばれる物質が分泌されます。そのアデノシンは、KGFやVEGFという成長因子を産生します。KGFは毛母細胞を活性化する作用があり、VEGFには血管新生作用があります。成長因子によって細胞は活性化し、髪の毛の成長を強力にサポートします。

ミノキシジルは大正製薬のリアップに含まれている第1類医薬品です。薬剤師のいる薬局などで購入が可能です。男性用にはミノキシジル5%配合タイプがあります。女性用は多毛症の副作用が出る事があるので、ミノキシジル1%タイプのみが販売されています。

●ミノキシジルの副作用
ミノキシジルの副作用の多くは肌荒れ、かぶれです。刺激が少しあるので、肌荒れが出る場合は使用を中止する事をおすすめします。後は、血圧や心臓の治療を受けている場合は、医師に確認することをおすすめします。

女性の薄毛の原因の多くは加齢による女性ホルモンの減少、代謝の低下です。女性ホルモンや代謝が低下する...