トップページ >  > 産後の薄毛対策

産後の薄毛対策

出産後はしばらくすると抜け毛が増加します。ホルモンバランスの変化が怒る出産後の薄毛は、しばらくすると改善する事がほとんどです。出産後の薄毛に関しては半年から1年程度で改善します。高齢出産の場合、元に戻るまでさらに時間がかかる事があります。



●産後の薄毛の原因
・ホルモンバランスの乱れ
妊娠中は黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量は増加します。プロゲステロンは妊娠9ヶ月頃にピークを迎え、出産後には急激に減少します。ホルモンバランスが一気に乱れる事により、薄毛が増加します。

・ストレスの増加
出産後には慣れない生活、睡眠不足などによりストレスが増加しやすくなります。ストレスが増えると自律神経の乱れなどにより血流量が減少します。その結果、血液に含まれる酸素や栄養が不足し、毛髪の成長力は低下します。

・骨盤の歪み、無理なダイエット
出産によって骨盤が歪むと、卵巣の働きが低下し、ホルモンバランスが乱れます。また、出産の無理なダイエットは、毛髪の原料となるタンパク質やビタミン、ミネラルが不足し、毛髪の成長力を低下させてしまいます。

●産後の薄毛対策
・プラセンタサプリ
プラセンタにはホルモンバランスを改善する作用があります。他にも、乳汁分泌の改善作用や代謝活性化、更年期傷害の緩和などの作用があり、産後の薄毛対策にもおすすめです。薄毛対策だけでなく、シミ、シワなどの肌トラブルの改善にも有効です。

・育毛剤
産後の薄毛対策には育毛剤の使用もおすすめです。育毛剤には血流改善作用、頭皮ケア作用などのある植物エキスをたっぷり配合しています。センブリエキス、ニンジンエキスなどの生薬には血管を拡張する作用があり、毛根の活性化をサポートします。その他、ミツイシコンブエキスに含まれるフコイダンには、細胞活性化作用があり、毛髪の成長を促進します。

注意点は、産後のミノキシジル(リアップ)の使用は禁止されています。ミノキシジルは母乳に移行する成分のため、胎児に悪影響を与えます。男性用のプロペシア(フィナステリド)は女性禁止ですが、触れるだけでも胎児に悪影響を与えるので注意が必要です。

・食事
産後は授乳の時期でもあり、栄養素はしっかり摂ることが大切です。母乳の為に取りたいのはDHAや葉酸です。これらの栄養素は赤ちゃんの発育にもプラスになる栄養素です。その他、毛髪の原料となるタンパク質、代謝を上げる亜鉛やビタミンB郡などもしっかり摂る事をおすすめします。

・頭皮ケア
ホルモンバランスの乱れやストレスなどにより頭皮に痒み、フケなどがでやすくなります。フケ、かゆみ対策にはビタミンB1、B2を摂ることが大事です。脂質、糖質の代謝を良くすることで、皮脂の分泌を抑制できます。また、アミノ酸シャンプーを使用し、皮脂を摂り過ぎない事も大事です。脂漏性皮膚炎の場合は殺菌効果のあるピロクトンオラミンなどを配合しているシャンプーがおすすめです。

出産後はしばらくすると抜け毛が増加します。ホルモンバランスの変化が怒る出産後の薄毛は、しばらくする...